卓球のサーブはどのコースに出すのが効果的?

基本的なサーブの出し方が分かったら、次はコースを狙えるように練習します。

コースを狙えと言われても、どのコースに出すのが良いのでしょうか。

目次

サーブでコースを狙う意義

サーブは、ただ出せば良いものではありません。出し方によって、

  • サービスエースを狙う
  • 甘い返球をさせて3球目を狙う
  • 相手の体勢を崩してミスを誘う

ことができます。

サーブは1球目攻撃と言われるほどです。相手の苦手なコースを突いて体勢を崩し、自分にとって有利な試合展開に持っていく可能性を秘めているのが、サーブです。

3つの基本コース

  1. フォアショート
  2. バックロング
  3. ミドルロング

この3つが王道的基本コースとなります。

フォアへの短いサーブ

構えている位置から見て、一番遠いところに出すサーブとなります。

サーブの長さとしては、台上にツーバウンドするぐらいの短さが理想です。短いサーブはスピードが遅いので、台から出てしまうようなサーブは打たれる可能性があります。

フリックされることもありますが、中高生の市内大会レベルなら、たいていストップかツッツキで返ってくるパターンが多いので、3球目攻撃をしたり、あるいは相手側バックの深いところへ素早く返球します。

バックへの長いサーブ

バック側の深いとことは対処が難しいです。

構えている場所から1歩下がらなければベストな打球点にはなりませんし、1歩下がらずに返そうとすると大きく振れません。

エンドラインギリギリの深いところほど効果的です。

スピードも速いほうがよく、対処が間に合わなくなります。

ミドルへのロングサーブ

ミドルロングは、フォアショートやバックロングに比べて狙うべき範囲が狭くなるので、初心者のうちは狙いにくいかもしれません。

ミドルのコースは、フォアで返そうか、バックで返そうか悩むコースです。

卓球は、この一瞬の悩みが命取りとなるスポーツです。

フォアやバックの練習はしても、上級者でもミドル対策の練習はあまりしていないので、上級者相手にも意外と効くコースです。

判断に一瞬迷うこともあり、レシーブが甘くなり勝ちになるコースです。

回転をプラス

コース取りに回転をプラスすると、より効果的になります。

台から逃げていくような回転をかけるのが、基本になります。

フォアには横回転

フォアハンドで短いボールに回転をかけるレシーブは技術的に難しいため、苦手とする人が多いです。

フリックは弾く技術で回転をかける技術ではありません。

回転をプラスすることで、フリックをされにくくします。

バックには逆横回転

チキータ技術などのバックハンドで回転をかける技術の発展により、フォアに比べると返されやすいです。

しかし、チキータなんて高度技術ができる人なんてそんなにいないので、十分効果あります。

下回転

ブツ切れの下回転サーブは、王道中の王道の回転サーブです。

たかが下回転と侮るなかれ。下回転は、最も効果のある回転です。

同じモーションでナックルサーブも出せるようになると、さらに効果的です。

横回転なんてかけなくても、シンプルな下回転とナックルだけで、上級者相手でもサービスエースを狙えます。おすすめです。

サーブを出す順番

実際にサーブを出す時、いろいろなサーブを出そうと思っても、自分が得意なサーブに偏りがちになってしまいます。

ときに何も考えていない時は、ワンパターンになりがちです。

1ゲーム目は、いろいろなサーブを試し、相手の苦手とするパターンを探りたいところです。

サーブを出す順番を決めてしまおう

ゲームが始まって、最初に出すサーブはフォア側に下回転のショート、次はフォアロング、…。

自分が持っているサーブの中で、1ゲーム目に出すサーブの順番を決めてしまうというのが1つの方法です。

普段のサーブ練習もこの順番のとおりにサーブを出します。

1ゲーム目に手持ちのサーブを色々出してみて、自分のポイントに繋がったサーブがどれだったのかを覚えておきます

2ゲーム目以降は、自分のポイントに繋がったサーブを中心に順番を組み立て、サーブを出します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる