卓球選手が試合中ラバーやボールに息を吹きかけているのには理由がある

トッププレーヤー達の試合を見ていると、ラケットに息を吹きかけて手で拭いたり、ボールに息を吹きかけたりする姿がありますね。

あの行動には意味があるのでしょうか。

目次

ラバーやボールについている埃をとっている

これが一番大きな理由です。

卓球をやっている人ならご存知だとは思います。

新品のボールには白い粉が付いていて、その白い粉がラバーについてしまう。

白い粉が付いてしまったところは、引っかかりがなくなってしまってうまく打てませんし、回転だってかかりません。

そんな状態のラバーで打ってしまうと、ボールが落ちてしまいます。

練習中なら、ラバークリーナーを使用して汚れを取ることができますが、試合中はできません。

ラバーが汚れていると、勝てる試合も勝てなくなってしまいます。

特に一流選手は、ラバーの状態にとても敏感です。

ラバーに付いた埃を手っ取り早く除去するために、息を吹きかけて手やユニフォームで拭うのです

誰だったか…、ボールに付いている白い粉を取るために、ボールを口に含んだ選手がいたな…。

手の汗や脂がついてしまう心配はないのか

もちろん、手やユニフォームでラバーを拭うことによって、脂が付いてしまいます。

脂がついてしまうことよりも、埃が付いてしまったことによる影響のほうがはるかに大きいので、やむを得ず手で拭います。

息を吹きかけて、呼気に含まれる水分で軽くラバーを濡らし、拭います。

そのまま手で拭うのではなく、予め息を吹きかけることによって多少なりとも脂がついてしまうことを防いでいるのです。

私の中学生時代は、下級生は屋外の卓球台で練習をしていたから、ラバーに砂埃がついてしまって……、何度も息を吹きかけては体操服で砂埃を除去していたものです。

拭うことによってボールの引っかかりや回転のかかり方が全くの別物になり、いかに汚れて滑るようになってしまっていたのか、分かります。

ラバーを温めています

ラバーは、温度変化にも敏感です。

これはラバーに使用されているゴムの性質にもよるので、すべてのラバーがそうであるとは言えません。

ラバーは冷えると硬くなり、引っ掛かりが悪くなります。

気休めにしかなりませんが、息を吹きかけて、気持ち温めます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる