【卓球】その行為!イエローカードです!

卓球にも、サッカーのようなイエローカードやレッドカードが存在します。

小さな地方大会ではありませんが、公認審判員がつくような大会では、イエローカードやレッドカードが出されることがあります。

では、イエローカードやレッドカードが出される時はどんなときか、また、出されたときのペナルティはどういったものなのでしょうか。

目次

卓球でイエローカードが出される時

バッドマナー

いわゆる「バッドマナー」と呼ばれるものです。

  • 相手に罵詈雑言を浴びせるなど、相手を不快にする行為
  • 観客を罵倒して、観客を不快にする行為
  • プレー中に勝手に場所を離れる
  • 卓球台やフェンス等に当たり散らす
  • 審判に対し、長時間抗議する

周囲の人を不快にしたり、試合の進行を妨げる行為がバッドマナーとされます。

一般常識をわきまえている人なら、このような行為はしないと思っています。

アドバイス

選手にアドバイスをしてよいのは、「タイム」の時およびゲームとゲームの間の休憩時間のみと定められています。

プレー中のアドバイスは、イエローカードとなります。

卓球でレッドカードが出される時

アドバイス

選手にアドバイスをして良い人は、予め登録されている監督やコーチのみです。

登録した人以外の人が選手にアドバイスをした場合、レッドカードとなります

2回目のイエローカード(監督・コーチの場合)

監督やコーチの場合、2回めのイエローカードはレッドカードとなり、退場することになります。

卓球のイエローカードやレッドカードの対象者

イエローカードが出される対象者は

  • 選手
  • 監督
  • コーチ

となります。

時々観客席にいる人が、誰が聞いても「アドバイス」としか思えないような応援をしている場面を見かけますが、残念ながら観客は対象外です。

このような観客を退場させることはできないのか、と思うことはありますね。

イエローカードやレッドカードのペナルティ

選手の場合

1回目

口頭注意のみで何もなし

2回目

違反行為2回で相手に1ポイント

3回目

3回目の違反行為は、相手に2ポイント

4回目

審判長に報告

さすがに4回も違反する人は、いないと思いたい…。

監督・コーチの場合

監督やコーチの場合、イエローカード2回目でレッドカードとなり、退場となります。

この場合の退場は試合会場からの退場ではなく、プレーしている場所(競技領域)から離れなければならないということです。

リオ五輪でレッドカードを受けた石川佳純選手

国際大会では、様々な言語や文化背景を持つ選手やスタッフが関わります。

石川選手は、ただ応援していただけなのですが、日本語のわからない審判にはそれがアドバイスと受け取られ、レッドカードを受けることになってしまいました。

退場とは言っても、競技領域から離れるだけなので、遠く離れた場所から以前と同じように応援している姿がありました。

なぜ注意しない!!

これは娘が味わった相手のバッドマナー。

今でも思い出すだけで怒りがこみ上げてきます。

全日本ジュニア卓球選手権大会の、地区予選の準決勝での出来事です。

明らかな遅延行為

相手チームのコーチによれば、「何度言っても直らない」と言っていましたが、気持ちよく試合をするためには、なんとしてでも直しておくべき行為だと思います。

相手を待たせる時間が、常識の範囲を遥かに超えています。

  • なかなかサーブを出さない
  • サーブを出そうとすると構えを時、サーブを出させてくれない
  • タオルの時間が長すぎる

どれもこれも、サーブ1本を出すまで、ひどい時は5分以上待たされました。

準決勝なので、試合が行われた台は、大会スタッフが並んでいるテーブルの目の前です。

明らかなバッドマナーなのに誰も注意しません!

これは明らかに相手が戦意喪失するのを狙ってやっているとしか思えない行為です。
こんなことが許されて良いのでしょうか!

この選手は、いつもこんな感じらしいです。

大会審判長は何をやっているのかと!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる