【卓球ルール】短パンの下にスパッツを履いて良いのか

冬の寒いとき、あるいは脚を隠したいときなど、短パンの下にスパッツを履くたくなるときがあるかもしれません。

卓球のルールとしては、かつては原則禁止されており審判長の許可が必要でしたが、現在は限定的な範囲ですが許可されています。

ルール上、スパッツはアンダーシャツという扱いです。

アンダーシャツを規定する卓球ルールを見てみます。

目次

大会における原則的対応

アンダーシャツを身につけることはできますが、アンダーシャツを着用するに当たりルールがあります。

アンダーシャツを選ぶときも、これに適合するものを選ぶようにしましょう。

アンダーシャツにメーカーの商標やロゴがある場合は隠す

メーカーの商標と言っても、Nittaku、TSP、Butterflyなどの卓球用品専門メーカー、いわゆる日本卓球協会が指定するメーカーの商標やロゴであれば、隠す必要はありません。

AdidasやPuma、Nikiなどは隠さなければいけません。

膝や肘サポーター、リストバンドを使用する選手も多くいますが、そのサポーターやリストバンドも、指定メーカー製のものでないのであるならば、ロゴが出ないようにしなければなりません。

卓球の公式大会に出場する場合、服装はすべて卓球用品専門メーカーで揃えれば気にする必要はありません。

今の所、卓球メーカーからは短いタイプのスパッツしか販売されておりません。

アンダーシャツのはみ出し具合は審判長判断

スパッツを着用する場合、このはみ出しが問題になります。

膝上丈ぐらいのスパッツであれば、おそらく許容されるでしょう。

問題は、足首まで覆ってしまうようなスパッツを履く場合です。

アンダーシャツも同様に、肘ぐらいまでのアンダーシャツであれば許容されるのでしょうが、長袖は許可されません。

T-リーグは例外で、長袖や足首までのアンダーシャツはO.K.となっています。

団体戦やダブルスの場合

現在のルールでは、同一チームに着ているもの、着ていないものが混在しても問題とされず、色もユニフォームと揃っているのが望ましいとされていますが、現在のところ問題なしとされています。

卓球協会が定めるルールは、国際卓球連盟のルールに則っていますが、何らかの変更や支持があった場合、変更される可能性があります。

例外的措置

国際大会などで、長袖のアンダーシャツや足首まで覆うようなスパッツを履いて、試合をしている選手を、TVや動画などで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

多くはムスリマ(イスラム教女性信者)の選手たちで、宗教上の理由から肌を露出できないので、特別に許可されています。

また、脚に痣があったり傷があったりして、周囲を不快にさせてしまうかもしれないというときも、許可されます。

地方大会は審判長判断で

現在の卓球ルールでは、足首まであるようなスパッツを履いて試合をすることはできません。

しかし地方大会は、一応審判長には報告するけど、ほとんど黙認されているようなことが多くあります。

ほとんど黙認だったとしても、大会審判長から許可を貰っておかないと、対戦相手によってはうるさいこともあるので、許可を得ておくことに越したことはないです。

公認審判員資格を持っている対戦相手の場合、注意が必要で、指摘されることがあります。

私は動きにくくなるのでスパッツを履いていないのですが、ダブルスなどでパートナーが履いていたりすることがよくあって、許可をとったのかどうか聞かれることが多いのです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる