【卓球ルール】相手の打球をノーバウンドで返球してしまった場合はどうなるの?

テニスには、自分のコートにバウンドする前に打っても問題ありません。トッププレーヤーがノーバンでかっこよくボレーを決めている姿をよく見かけます。

では、卓球はどうなのでしょうか?

目次

台上で打つと相手のポイント

相手のボールをノーバウンドで返球してしまった場合、返球した位置によってアウトかセーフか決まります。

たとえ故意でなかったとしても、偶然だったとしても、エンドラインより内側の

台上でノーバウンドで返球してしまうと相手のポイント

になります。

エンドラインより後ろなら、自分のポイントになります。

ノーバウンドのボールを打つのなら、エンドラインを超えたのを確認してから打ちましょう。

サイドラインを切ったノーバウンドのボール

台上ではないからと言って、サイドラインを切ったノーバウンドのボールを打ってしまうと、エンドラインよりも前方になってしまうため、相手の得点になってしまいます。

この場合、ラケットではなく手で受け止めるようにすれば、自分のポイントになります。

ついついラケットを出しそうになりますが、ラケットではなく手を出すようにしましょう。

かつてはエンドラインの後ろでもダメだった

現在のルールでは、エンドラインより後方(台より外に出た)の場合、ノーバウンドで打ってしまったとしても、自分の得点になります。

しかし、昔はエンドラインより後方でノーバウンドで打った場合も、相手の得点になっていました。

だから、コートにバウンドせずに飛んできたノーバウンドのボールがラケットに当たらないように、必死で避けていました。

ついついラケットに当てそうになってしまうのですが、必死で当たらないように避けでいました。

久しぶりに卓球を再開した時、このルールが変わっていることを知らずに、昔のように必死で避けていました。

子どもたちの試合で平気でラケットで打っているのを見て、「????」が頭の上に浮かんでいたものです。

その後、エンドラインより後方ならば打っても問題ないと知ったのですが、やはりクセはなかなか抜けないもので、しばらくはやはり避けていました。

エンドラインを超えたボールは打っても良いというのは、ボールを拾いに行く手間が軽くなっていいですね。

はるか後方に飛ばしてしまうより、自分がボールを拾いやすいように上に打ち上げて、落ちてきたボールをキャッチすれば良いのですから、ボールを拾いに行く手間が全然違います。

ノーバウンドという現象

卓球には、ノーバウンドという現象があります。

後方に下がり、強烈なドライブを掛け合うトップクラスの男子選手に稀に見られるスーパープレイになります。

サイドラインを切るようなボールを台下から相手コートに返球するのですが、バウンドの頂点と台の高さにほとんど差がなく、ボールの回転も相まって、台上を滑るようにバウンドをする現象です。バウンドはしますが、高さはあまりにも低いため、これを返すのは至難の業です。

このゼロバウンドは有効で、ポイントになります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる