粒高ラバーでツッツキを切る

粒高は回転をかけることはできない、と言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか?

目次

粒高ラバーは切れるのか?

伊藤美誠選手は、裏ソフトに比べて来れないと言われている表ソフトで、ブチギレのバックハンドドライブやチキータを打っています。

そもそも伊藤美誠選手は、中国の何卓佳選手が粒高プレーを見て、

粒高で切れたボールが出せるのなら、表ソフトでできないわけがない

と、表で切る練習をした結果、切れたバックハンドドライブやチキータが出せるようになりました。

前陣攻守型の選手はプッシュがメインになるので、粒高ラバーでツッツキを切るようなことはあまりしませんが、カットマンにとっては重要な技術になります。

前陣攻守型だから切れなくても良い…、でも構いませんが、多少でも切れたツッツキが出せるようになれば、戦術の幅が広がると思います。

では、切れたツッツキを出すためには、どのように打ったら良いのでしょうか?

切れたツッツキを打つ

切れないツッツキは簡単です。というか、普通に下回転をプッシュで返せばよいのです。

硬くて短い粒高を用いて前陣に張り付き、変化よりも緩急をつけたコースをついてプレーするタイプには、それほど切れたツッツキは必要ないかもしれません。そもそも硬くて短い粒高は、あまり切れません。

粒が高くて柔らかく、変化が大きいとされる粒高は切ることができます。カットマンが好んで使用する粒高ラバーは、たいてい良く切れます。

慣れないうちは浮き球になりやすく、相手にチャンスボールを与えてしまうことになりますので、安定して入るように練習しましょう。

ラケットの角度

ラケット面は寝かせます。ただし、寝かせすぎると球が滑ってしまうので、やや上を向けます。

スイングの仕方

ボールの下面をこすります。こするというより、えぐるように打ちます。

当たる瞬間、ラケットを素早く振ってボールに厚く当て、とにかく粒を倒すことを意識して打ちます。粒にボールをぶつけるような感じです。特にスポンジのない一枚ラバーのOXを使用している場合は、インパクト時にしっかりぶつけないと切れません。

イメージとしては、釘を頭から金槌で打つのではなく、頭の横から打って釘を折り曲げるような感じです。粒を倒すために、粒の横にボールをあてて倒すような感じです。

粒を倒し、ボールの着地点を意識してしっかりスイングします。

切れやすい粒高ラバーとは

スポンジが厚いほど、そして柔らかいほど粒が倒れやすくなるので、切りやすくなります。一枚ラバーで切るのは、かなり難しい技術になります。

カットマンの多くがスポンジ入りのソフトラバーを使用しているのは、切りやすいからです。

フェイントロング3は硬い粒に柔らかいスポンジ、さらに粒の裾が台形になっているため、倒れやすい構造になっています。

フェイントロング3は、カットマンの谷岡あゆか選手が使用しているラバーです。

P-1Rはカールシリーズの中で粒が細くて長く、最もアスペクト比が高くなっており、変化の大きいラバーとなっています。

カットマンの小塩遥菜選手、同じくカットマンの韓国のソ・ヒョウオン選手が使用しています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる