バック粒高の粒高面でのレシーブ

粒高は相手の回転の影響を受けづらいため、レシーブはしやすいのですが、うまく返さないと3球目攻撃の餌食になりやすいです。

相手に攻撃されにくく、ミスを誘うレシーブになるように練習しましょう。

対戦相手も粒高の弱点を知っているので、そこを突いてきます。

目次

バックへのロングサーブ

粒高に限らず、バック側のロングサーブは誰しもが苦手とするものです。

バック粒の場合、バック側にナックル気味のロングサーブを出された時なんて、うまく返さないとネットに引っ掛けたり、うっかり浮かせてしまって相手にチャンスボールを与えることになっていまいます。

バウンド直後をプッシュかブロック

バック側へきたボールは、バウンド直後を狙うのがベストです。

バック側へ長く

バック側へ長く返します。より低く深いほうが打たれにくいです。

低く早く返すためにも、バウンド直後を狙います。

ナックル性のボールが飛んでいくので、相手にとっても打ちにくいボールになっています。

早く、低く、深く返すことがポイントです。

ラケットの角度は、垂直よりもやや上向きです。回転の向きとボールの速度に合わせます。

ネット際に落とす

当てた瞬間ラケットを引いて球威を殺します。

フォア前に落とすことが効果的です。

ボールが変化していますので、多少浮いてしまっても打たれないというか、相手がミスしてくれる確率は高いです。

通常の感覚ですと、ロングサーブはレシーブも深く返ってくると思われがちなのですが、そこで球威を落としてうまくネット際に落とすことができれば、相手は意表を突かれることになります。

相手の態勢を崩すことができればこっちのもの。

返ってきたボールを、今度は相手の深いところに打ってしまいましょう。

ハーフボレーも効果的

やや浮いたロングサーブは叩いてしまいましょう。

狙うところは相手のバック懐の深いところやミドル、あるいはそのままストレートにフォア側の際どいところでも良いでしょう。

ボールは当然ナックルボールです。相手がナックルボールに合わせるのがやっとで返してきたのなら、遠慮せずにスマッシュしてしまいましょう。

相手は、まさか粒高面で打ってくるとは思ってはいないことが多いので、たとえ決めることができなかったとしても牽制にはなります。

回り込んで打つ

バック粒は、本当にバック側へロングサーブを集められやすいです。

特に粒高を得意としている相手は、ムカつくほどにバック側にしかサーブを打ってきません。

余裕があるのであれば、時々回り込んでレシーブを攻撃してしまうと良いですよ。相手にとっての牽制にもなりますし。

そのための回り込み練習は欠かせません。

フォア側への短いサーブ

相手が粒を苦手とする場合、フォア側にサーブを集めてきます。

フォアに来た短いサーブは、フォア面の裏ソフトでストップしたりフリックしたりして返すことが多いです。

しかし時にはバックの粒高で返したいものです。

フォアへのロングサーブをバック粒で返すことは困難ですが、短いサーブならバックの粒で返すことは容易です。

伊藤美誠選手も、フォア側に来た短いサーブをわざわざバックの表ソフトで打ち返していることがよくありますよね。伊藤美誠選手の表ソフトを貼ったバック面でのレシーブは、バック粒高使いにとっても参考になります。

相手フォア側への短いストップ

粒高は相手の回転の影響を受けにくいため、コースを突くことは容易です。

相手のフォア側へ、短くストップして返しましょう。

相手がサーブをバック側に構えていた場合、鋭い角度でフォア側にストップやフリックをしてしまえば、相手は間に合いません。

打球する直前にラケットの角度を合わせると、フェイクにもなって効果的です。

打った瞬間を見ても、どこにボールが返ってくるか分からない。

と言わしめればしめたものです。かなりテクニックが必要になりますが……。

このレシーブが返ってきた時に適切に対処できるように、日頃からフットワークを鍛えておくことも重要です。

フォアに回り込んでレシーブをしているので、早く戻らないと間に合いません。マジで…。

今まで一体、何度チャンスボールを逃してしまったことか……。

若かりし日は間に合ったので通用したけど、寄る年波には勝てず、最近はこの戦術を見直し中。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる