フォアツッツキの基本技術を身につけよう

ツッツキとは、ラケットの面を上に向け、台上でボールの下を擦り、相手に返球する方法です。ボールをラケットで突っつくように打つことから、ツッツキと呼ばれています。

フォアロングは上回転系の基本的な打ち方になりますが、ツッツキは下回転系の基本的な打ち方になります。

市内大会レベルの中学生(特に女子)の試合は、ツッツキ合いになりがちなので、ツッツキ負けないようにしっかり技術を身につけましょう。

目次

フォアハンドツッツキの打ち方

フォアツッツキのフォーム

ラケットの向き

ラケットは、面を上に向けます。基本的にはだいたい45度位です。

ラケットの角度は、相手ボールの回転量やスピード、自分がかけたい回転量によって調整しますが、基本は45度位です。

フォアツッツキのスイング

ラケットは、上から斜め下に向かって切るように当てます。

ツッツキを打つとき、よく「切れ!切れ!」と指導されるのは、ラケットで切るように振るからです。

ツッツキが下手な人は、切らずに下から上にラケットを当ててしまって持ち上げているということがよく見られます。

下手な人は下から上にボールを当てている。ラケットで切ることが大事

自分では意識していないようでも、横から見ると、切らずに持ち上げていたりしています。また、手首も曲がってしまっていることがよくあります。

手首は真っ直ぐにして、上から斜め下へとボールをしっかり切りましょう。

ラケットを下に振っても、ボールは下に飛ばずに上に飛びます。

打球点

ボールは体の斜め前方で打ちます。

ボールが頂点を過ぎ、落ちてきたところを打ちます。

本当は、バウンド直後を打ったほうが相手のスピードや回転を利用できるので、低くて鋭い上に回転量のあるツッツキを打つことができます。

しかし、バウンド直後をとらえることは初級者のうちは難しいので、ボールが頂点を過ぎて落ちてきたところを狙いましょう。

バウンド直後を狙うのは、安定してツッツキが入るようになってからで十分です。

ツッツキが安定して入るようになったら、少しずつバウンドの直後を狙うようにして、低く鋭い切れたツッツキを出せるようにしましょう。

足の動き

右利きなら右足、左利きなら左足を前に出します。

ツッツキは台上の技術です。

一歩動で素早く台の下に足を出し、そして腕を伸ばしてボールを捉えます。

面倒臭がらずに、一球一球足を出したり引っ込めたりして練習しましょう。

練習時に意識すること

ツッツキの練習時に意識しなければならないことのは、ズバリ!回転です!

ツッツキは、切れて(回転量が多くて)なんぼです。

回転量の少ないツッツキを出すことは簡単ですが、回転量の多い(切れた)ツッツキを出せるようになるには技術が必要です。

安定して切れたツッツキが出せるように意識しましょう。

ツッツキのラリーを続けるのば目的ならば、切れていないツッツキをお互いにポンポンと打ち合っていればいいだけのことですが、それでは何時まで経ってもツッツキの技術は上達しませんし、試合にだって勝てません。

切れたツッツキを出すコツ

切れたツッツキを出すためには、無理にボールを擦ろうとしないことです。

かえって不安定で切れないツッツキになってしまいます。

切れたツッツキは、バウンド直後を捉えるだけで切れたツッツキになりますし、インパクト時にラケットをギュッと握るだけでツッツキが切れます。握った時のラケットの動きで回転が与えられます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる