フォアハンドロングの基本を身につけよう

フォアハンドロングは、最も基本的なストロークになります。

この基本が身についていないと、ドライブもスマッシュもうまく打つことができません。

卓球を始める人が最初に身につける技術です。

そして卓球の練習を始める時に一番最初にやるメニューです。

目次

フォアハンドロングの打ち方

上手な人はフォームも綺麗です。

ブランクがあっても、フォア打ちを見るだけで卓球経験者であることが分かりますし、そこから

基本技術がしっかり身についているね

なんて言われたりします。

フォアハンドのフォーム

私が中学生の頃は、一球一球基本姿勢に戻る三角打ち指導されたものですが、現代卓球では基本の構えに戻らず、そのままフォア打ちのバックスイングに入ります。

基本姿勢に戻ることは現代でも大切なことに変わりはありませんが、現代卓球ではいちいち戻っていては間に合わないということで、三角ではなく楕円を描く打ち方が主流となっています。

フォアハンドのスイング

バックスイングは腰を引いて、体を捻った体勢をつくります。

体のラインよりも後ろに行かないようにします。

手だけではなく、体の捻りによる回転運動も利用して打ちます。

その体勢から、腕の振りに合わせて、捻った体をもとに戻すようにしてスイングします。肩のラインは水平を意識します。

ラケットは、斜め上に振り上げます。

フォロースルーは顔の前ぐらいまでにします。

振りすぎてしまうと、次の打球に間に合わなくなってしまいます。

前傾姿勢

強い人は自然な前傾姿勢ができていますが、下手な人は棒立ちです。

前傾姿勢とは、腰と膝を軽く曲げた状態です。腰だけ曲げている人もいますが、膝も曲げていなければ意味がありません。

棒立ちでは素早いフットワークはできませんが、前傾姿勢で常に膝が曲がっている状態だと重心が低くなり、すぐ次の行動に移せます。

また、前傾姿勢で視線を低くしておくと、ボールの回転を見極めやすいというメリットもあります。

私は中学時代、素振りを教えてもらうより前に前傾姿勢を取ることを徹底的に叩き込まれました。

運動神経が鈍くても前傾姿勢ができていれば、棒立ちの運動神経抜群のやつよりも強くなれます!

足の位置

足を肩幅よりもやや広めに開きます。そして、右利きの場合左足をやや前に、左利きの場合は右足をやや前に出し、軽く膝を曲げます。

ラケットの向き

ラケットは、垂直よりもやや被せ気味(大体85°)に打ちます。

卓球をこれから始める初心者に打たせると、たいていラケットが上に向いてしまっていることが多いです。下を向けるように指導しますが、これがなかなか治らないものです。

打球点

打球点は、頂点またはバウンドして上がってくるところを打ちます。

下手な人は、長短から落ちてくるところを打とうとする傾向があります。

頂点を過ぎてしまうとボールを持ち上げようとしたり、ラケットを上に向けたりしがちで、台からどんどん離れていってしまう人が多い感じがします。

右利きの人であれば、体の右前でボールを捉えます。

練習の時に意識すること

体重移動

右利きであれば、打球時に右足から左足に体重を移動させることを意識しましょう。

手だけでなく、体全体で打つリズムを意識します。

体の軸

体の軸は、ブレないように意識しましょう。

ブレていると、安定したボールが打てません。

ブレていなければ目線が安定しますし、コースも安定します。

ブレないためにも、意識はもちろんですが、体軸を鍛える筋トレがひじょうに有効です。

フットワーク

たかがフォア打ちと思わず、常にベストポジションで打てるように、細かく動いて打ちましょう。

足は動かさずに手だけで打っている人と、常に細かくフットワークをしてベストポジションで打つことを心がけている人では、上達の速度に雲泥の差が出ます。

フリーハンド

下手な人は、たいていフリーハンドがぶらんぶらんと垂れ下がっています。

でも、上手な人は、フリーハンドの肘も曲げて、フォアハンドと一緒に動きまくっています。

体のバランスをとっているのですね。

フリーハンドの使い方一つで体の軸のブレが修正されますし、ボールの威力を増すこともあります。

フォア打ちの練習はほどほどに

私が高校時代の話、

フォアのラリーが何回続くか、挑戦してみよう♪

と先輩と始めたフォアのラリー。

往復800回ぐらいまでは数えることができました。それ以降はわけがわからなくなり、数えるのをやめました。

最後は…、私がネットに引っ掛けることによってラリーは終わりました。

終わったときは、部活終了10分前。部活開始5分後ぐらいから初めて、終わる10分前までずっとラリーを続けていました。言うまでもないことですが、1時間以上もラリーを続けていました。

5分あたりの往復ラリー数から、ざっと計算して、1万位回以上ラリーを続けていたことになります。

その後、ゲーム形式の練習をしたのですが、体がフォア打ちで固定されてしまっていたため、逆にボールコントロールが無茶苦茶になっていましたし、足も全く動きませんでした。

体と脳がちぐはぐで、混乱している感じになりました。

中級者以上になったら、フォア打ち練習は最初の5分くらい、続けるとしたら30往復ぐらいにとどめておき、次の練習メニューに移ったほうが良いです。

中級者以上になると、ラリーを続けようと思えば、いくらでもラリーが続いてしまいます。

続けるためのラリーをし始めると、ただの卓球ロボットと化してしまうので、そこそこにしておきましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる