粒高を活かすための切り返し練習

切り返しはフットワーク練習の一種です。

切り返しはドライブ型の人にとっても重要ですが、素早い切り返しができるかどうかは粒高や表ソフトを使用する異質型の選手にとってより重要になってきます。

目次

一流選手は切り返しての攻撃も一流

異質攻撃型の伊藤美誠選手や安藤みなみ選手の切り返し攻撃は見事です。

バックで激しい打ち合いをする中、少しでもチャンスボールが来たと思ったのなら、瞬時に切り返しをして、フォア面でスマッシュを決めています。

一流選手のような滑らかな切り返しをマスターすることは難しいかもしれませんが、少しでも近づけるように頑張りましょう。

チャンスボールの範囲が広がりますし、戦術の幅も広がります。

バックに送ったボールを切り替えして攻撃することにより、相手に心理的プレッシャーを与えることにもなります。

切り返し練習とは

切り返し練習とは,バックとフォアを交互に打つ練習なります。

切り返し練習をする側が動いて、フォア、バックを打ちます。

フォアのフットワークと同じように、動きながら打ってはいけません。「動いて」「止まって」「打つ」を徹底します。

イライラしやすい切り返しの練習

異質型にとって何が難しいかと言いますと、裏ソフトを貼ったフォア面と粒高を貼ったバック面での球質があまりにも違うからです。

まず練習相手が球質の違いに戸惑い、イライラし始めます。

そして、ボールがちゃんと返ってこないことにこちらもイライラし始めます。

練習になりません。

裏粒の切り返し練習は、お互いに初心者のうちは続かないということを前提に、練習方法を工夫するしかありません。

続かない時は多球練習

最初はなかなか続きません。そんな時は多球練習をします。

フットワークの練習にはなるというメリットはありますが、実戦ではフォアで打ったときとバックで打ったときの返球の球質が違うので、そのようなボールへの対処の仕方を学ぶことができないというデメリットがあります。

半多球練習

多球練習にはなりますが、返ってきたボールをとにかく練習相手が打ち返してみることをします。そして返ってきたボールをてフォア・バックを切り替えて打ちます。

最初はほとんどラリーにならないと思います。多球練習と何ら変わりません。

しかし繰り返しているうちに、1往復、2往復、3往復……、とラリーが続くようになります。5往復ぐらい続くようになったら、多球練習をする必要はありません。普通の1球練習で続けれるように頑張りましょう。

ある程度続くようになったら、ラリーの速度を上げていきます。

切り返し練習は、実戦で非常に活きる基本練習です。粒高の変化でチャンスメイクをし、フォアで叩く戦術の基礎練習になります。イライラを抑えて、根気よく続けていきましょう。

この練習は、練習相手にとって粒高などの異質ラバーの変化に慣れるための練習にもなります

積極的に取り入れることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる