粒高でのブロック打法

ブロックは、粒高ラバーの基本打法です。

プッシュと被っているところもあります。

目次

ラケットの持ち方

シェークハンドラケットを握る手の親指を、やや立てて中に入れると打ちやすくなります。フォアハンドの握り方とは違います。

ラケットは基本的にほぼ垂直に立てます。角度は、飛んでくるボールのスピートや回転量に応じて微調整します。

体の正面でボールを捉えるようにします。

グリップは横か下に向けます。

フォアハンドの握り方とは変わります。ブロックだけを練習しているときは問題になりませんが、切り返しを行うときは注意が必要です。
握りを素早く微調整する練習もしておきましょう。

ボールを捉える位置

スピードドライブ

できるだけバウンド直後の低い位置を狙います。ラケットやや被せます。

バウンド直後のほうが安定しますし、低い弾道でスピードのあるボールが返ります。

ボールが頂点を過ぎて下がってきているところをブロックしようとすると、打てないことはありませんが、難易度が上がり安定しません(そういう場合の打ち方はまた別途)。

頂点を過ぎ、下がりつつあるところを打つ裏ソフトラバーとは打点が異なりますので、慣れないうちはタイミングが上手くつかめずに難しく感じるかもしれません。

めげずに練習を繰り返し、頂点に達する前にラケットを当てる感覚を覚えてください。

ループドライブ

スピードドライブとは違い、バウンドの頂点を捕らえます。

ラケットの振り方

バウンド直後のボールにラケットに当てるだけで、簡単に相手コートに入るのが粒高ラバーの特徴です。タイミングよく当てることさえできれば、ブロックはそれほど難しい技術ではありません。

しかしそれでは単調になってしまい、相手の思うつぼになってしまうので、状況に応じてブロックにも変化を与えることが重要になってきます。

基本的にはラケットをほぼ直角にして、上から下へ落ちおろします

あまり肩や肘に力が入らないように気をつけて、力を抜いて打ってください。

使用する粒高ラバーの特性にもよりますが、相手の回転量をさらに増強させた切れたボールになって返球できます。

ラケットは上から下のみではなく、横に振ることでもまた違う変化をボールに与えることができますが、これは上から下へ打ち下ろす基本のブロックができるようになってから身につけたい技術です。

ループドライブに対して、バウンドの頂点でラケットを思いっきり上から下に打ち下ろすと、非常に切れた下回転のボールが返せます。

相手を選ぶブロックの練習

ブロックは、きれいなドライブを打つ相手が大好物です。

ドライブ型の選手と練習すると、プッシュのいい練習にもなりますし、相手もドライブの練習になります。

ドライブや強打が下手な相手だとブロックの練習にならないどころか、いつの間にか卓球がピンポンになっていたりします。

ドライブが苦手だから、下回転はツッツキで返すじゃん。それが粒高プッシュでナックルボールが返ってきて…、いつの間にかナックルボールがポンポンと飛び交うだけになっちゃった。

こういう状況になってしまうと、ある程度お互いにレベルが上がるまで多球練習しか手段がなくなってしまうのが、悲しい現実…。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる