軽い粘着テンション ヤサカ 輝龍

ヤサカから販売された大ヒット粘着テンションラーバー「翔龍」に続き販売された同じく粘着テンションラバー「輝龍」は、粘着ラバーのデメリットを解決したラバーと言われています。

このラバーを使用する女子選手を多く見かけるようになってきました。

目次

輝龍の概要

高いグリップ力を持つ粘着性のトップシートが確実に回転を加え、テンション効果の高いスポンジが十分な飛距離とスピードを生み出します。
従来のテンションラバーと同じような感覚で扱う事ができ、心地良い打球感を持ちながらも同硬度のラバーと比べ約10%の軽量化に成功しています。

https://www.yasakajp.com/items/shining-dragon/
  • スピード:10
  • スピン:13+
  • コントロール:10
  • 硬度:45~50°
  • 厚さ:特厚、厚

輝龍の特徴

赤いシートには赤いスポンジ、黒いシートにはブルースポンジの組み合わせて、シートの色によってスポンジの色が変わっているのが特徴です。

粘着ラバーの欠点を解決したラバーとされ、粘着ラバーのわりに

  • 軽量
  • 打球感がある
  • 飛距離がでる

という触れ込みです。

では、実際にどうなのでしょうか。

TTF こぞのえスポーツ 楽天市場店
¥3,210 (2021/06/17 20:21時点 | 楽天市場調べ)

輝龍を使用してみての評価とレビュー

剛力オールラウンドエボリューションに輝龍の厚を貼って打ってみました。狂飆プロ3 中厚からの変更なので、狂飆プロ3と比較しての感想になります。

狂飆プロ3 中厚から輝龍 厚への変更では、重さはほぼ同じでした。厚くなったのに重さが変わらないことから、輝龍がいかに軽いラバーであることが分かります。

かつて私はスピンアートの中を貼って打ったら、重くて肘を痛めて半年ほど卓球をできなかった時期があります。それに比べたら輝龍は非常に軽く、重さで怪我をする心配は全くありませんでした。

スマッシュ

粘着ラバーのわりに柔らかいので、ボールがラバーによく食い込みます。ラバーによく食い込んでくれるので、ひじょうに打ちやすく扱いやすい印象を受けます。

ボールがスポンジによく食い込んでくれるので、軽い力で勢いのあるボールが飛んでいく印象を受けました。コントロールもしやすいです。

ボールは、思ったよりも弧線を描きます。

ドライブ

狂飆プロ3に比べて、ドライブはひじょうにやりやすいです。

特にループドライブのやりやすさは感動しました。

粘着なので基本的に擦る打ち方なのですが、ひょっとしたら食い込ませる打ち方でも回転がかかるかもしれません。(長年粘着ラバーを使用していたので、食い込ませるドライブが下手くそで単に比較ができないだけ)

サーブ

狂飆プロ3からの変更というのもありますが、サーブが高くなってしまいました。

ちょっと、これはいただけないです。

ヴェガヨーロッパやアジアなどの柔らかいラバーからの転向であれば、全く気にならないレベルだと思います。

おすすめな人、おすすめじゃない人

おすすめな人

スポンジが柔らかくて軽く、さまざまな技術がしやすいので、女子選手や初級者~中級者におすすめできます。

初めて粘着ラバーに挑戦するという方にも、違和感なく扱えると思います。それでいて、粘着らしいクセ球のちゃんと出ます。

おすすめじゃない人

所詮は粘着系テンションなので、一般的なテンションラバーに比べて飛びません。

中陣から後陣に下がっての引き合いを好む選手には、飛距離に物足りなさを感じると思いますので、おすすめしません。

総合評価(まとめ)

オールラウンドエボリューションに輝龍では飛びすぎてしまって少々扱いづらい印象を受けましたが、剛力ではちょうどいい感じの飛び具合になりました。

ドライブがやりやすいので、前陣異質攻守型の中でも、スマッシュよりもややドライブを多く使用するという選手に向いたラバーではないか思います。ドライブよりもスマッシュを多用する前陣異質攻守型では、輝龍の良さが活きてこないと感じます。

サーブもしやすく、ドライブもしやすく、スマッシュもしやすく、全体的にバランスの良いラバーと感じました。

扱いやすいラバーですので、粘着ラバーに挑戦してみたいと考えている初級者の人におすすめできるラバーではないでしょうか。

TTF こぞのえスポーツ 楽天市場店
¥3,210 (2021/06/17 20:21時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる