裏ソフトラバーの選び方-自分の実力に合わせよう

自分の実力とに合ったラバーを選ぶ。

ただこれだけのことですが、ラバーは安いものでもないし、失敗したくないから悩みます。

そして周りを見渡せば、実力もないのにテナジーを使って用具負けをしていたり(特に中学生男子)、その逆もあったりして……。非常にもったいないラバーの選び方をしているのをよく見かけます。

100%満足できるラバーなんてなかなか見つかるものではありません。

あちらが立てばこちらが立たず。私も試行錯誤の連続です

目次

裏ソフトラバーを選ぶ際のポイント

スポンジの厚さ

薄、中、厚、特厚

スポンジの厚みが変わると何が変わるのでしょうか。

スポンジの厚みが変わると、ボールの飛びが変わります。厚いとボールがよく弾み、薄いと弾みません。

厚いほうがボールがラバーに食い込む量が多くなり、その分回転がかかりスピードも出ます。

トップ選手の使用ラバーをみると、ほとんどが特厚になっていますよね。

なら誰でも厚いラバーを選べば良いというものではなく、厚みが増すとその分ラケットが重くなり、コントロールがしずらくなりますし、怪我の原因にもなります。

一般論としては、「自分の筋力で振れる範囲で重いものを選ぶのが良い」とされています。

自分の筋力以上の厚さのラバーを選び、重さで振り遅れたり怪我をしたら元も子もありません。

初級者は「厚」ではなく、「中」を選ぶと良いと、かつては言われていました。

現在は、初級者でもフォアは「厚」、バックは「中」をおすすめしている指導者が多いです。

ボールをラバーに食い込ませる感覚を養うには、厚の方が良いからです。

戦型によっては,ボールをただただ飛ばせば良いというものではありません。

カットマンや粒高の選手は、あえて飛ばない薄いラバーを選ぶこともあります。

福岡春菜選手は、「薄」を使用していました。

薄いラバーはボールが食い込まないので、ドライブは技術が必要となりますが、ブロックしたボールがナックル系のボールになることが多く、相手がよくミスってくれます。

普通に打つと落ちるボールになります。

私は現在「中」を貼っていますが、「薄」を貼っていたときは相手にかなり嫌がられました。

硬さ

ラバーのカタログには必ず硬度が書かれています。

ただこの硬度、メーカーによって基準が違うのが困り物。日本基準、ドイツ基準、バタフライ基準…。世界統一基準を作って欲しいと常々思っている卓球人は多いはず。

スポンジ硬度はわかりやすくいうと、バネの強さを表します。

一般的に硬いラバーのほうがよく飛びますが、硬いバネを押すためには強い力が必要です。

硬いラバーを活かすだけのスイングができないうちに硬いラバーを選んでしまうと、回転もかかりませんし飛びません。
また逆に、力強く鋭いスイングができる人が柔らかいラバーを選んでしまうと、バネを押し切ってしまうようなパワーロスが生じ、やはり回転もかからなければ弾まない結果となります。

そのことが全くわかっていなくて、高価なラバーのほうが勝てるに違いないと思いこんでいるテナジーを貼った中学生に、ヴェガなんかを使わせてみると…

テナジーからヴェガにしたら、ものすごく回転がかかるし、スピードもでるじゃん。ヴェガって実はテナジー超えのすごいラバーだったの?ヤバすぎない?安いし。

ということが起こります(実話)。

それはお前がテナジーを使用するに足る実力がなかったからじゃ!
フォア打ちもツッツキもまともにできないレベルで、テナジーが使いこなせるわけなないんだよ!

硬度は、自分の実力に合った硬さのものを選びましょう。

まだじめたばかりの頃は弱いスイングしかできないので、柔らかいラバーを選ぶと良いです。ボールがラケットに食い込む感覚がわかり、ボールもよく飛びます。

初級者のうちは柔らかいほうが回転もかかりスピードも出るので、卓球が楽しくなると思います。

技術が上達し、正しいフォームで力強いスイングができるようになったら、硬さを少しずつレベルアップしてみましょう。

ラバーだけでなくラケットにも硬さがあります。

ラケットの硬さの組み合わせが違うと、また飛び方も変わります。

一般的に、硬いラケットには柔らかいラバーを、柔らかいラケットには硬いラバーを組み合わせます。

これは一般的な話であり、必ずしもそういう組み合わせがベストではありません。

福原愛選手は柔らかいラケットに柔らかいラバーを組み合わせていました。福岡春菜選手は硬いラケットに硬いラバーを組み合わせていました。

いろいろ試してみるしかありません。

まとめ

自分にあったラバーを見つけるのは大変ですが、友人が持っているラケットを借りて試打してみるのも一つの方法です。

ラケットが異なってしまうので一概には言えませんが、自分のラバーと比較することで新しい発見があるかもしれません。

自分の技術と戦型にあった最適なラバーが見つかると良いですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる