前陣で攻撃したい人に、ファスタークG-1

ファスタークはニッタクが販売しているテンション系ラバーです。

その中でもG-1は、森薗政崇選手や伊藤美誠選手が使用しているラバーであり、かつては石川佳純選手も使用していたラバーです。

目次

ファスタークG-1の概要

  • スピード:15.00
  • スピン:12.50
  • 硬度:37.5(ドイツ硬度:47.5)
  • 厚さ:中、厚、特厚
  • 色:赤、黒

ファスタークG-1の特性

スピンドライブ重視!

シートでグリップして弧を描く!強いドライブに打ち負けない強靭さが魅力!

https://www.nittaku.com/products/rubbers/post-3
テンションスピード

グリップ感覚に優れたゴム成分と粒形状で、抜群の威力を実現

ストロングスポンジ

ハードな打球感でありながら、粗気泡構造でボールをしっかり捉えて押し出す

引っかかりがよくて、よく飛ぶという謳い文句です。

ファスタークG-1を使ってみての評価とレビュー

阿部愛莉選手を真似して、剛力にG-1のを貼りました。ヴェガアジアからの変更です。

ミート打ち

ひじょうに安定していました。

ボールが軽いのか、返されることも多かったですが、何の苦もなく連続スマッシュを繰り出していました。

ドライブ

もともとドライブは苦手ということもあり、苦戦していました。

総合評価

当時小6の娘は、県内ランキング10番代からベスト8に入ることが出来たので、G-1は合っていたと思っています。

娘のラケットを借りて少しだけ打ったことがあります。

スマッシュが打ちやすく、ブロックも安定しており、ひじょうに扱いやすいラバーだと感じました。

ただ、を使用していたため、実店舗には置いてなく(厚や特厚は山ほどある)、ネットで購入するしかなかったのが、最大のデメリットでした。

多めに購入して、スペアをいつも持っているようにしていました。

ファスタークG-1の他の人のレビュー

ネット上のレビューをまとめて見ました。

ドライブ

グルッ府力があるからループドライブがやりやすいけど、うまくラバーにボールを食い込ませないと、ラバー本来の力が発揮されないね。

あまり飛ばない感じだけど、バウンド後の伸びがヤバい。

ブロック

当てれば入る感覚。ものすごくやりやすい。

その他

ハイエンドラバーにしてはあまり弾まない。でも、他のテンション系ラバーに比べて寿命が長いのは嬉しい。コスパ最高!

ファスタークG-1をおすすめできる人

ファスタークG-1を愛用しているトップ選手は、前陣に張り付いて戦うタイプです。

森薗政崇選手、伊藤美誠選手、梅村優香選手、阿部愛莉選手、…。

このことからもわかるように、ファスタークG-1は前陣攻撃型の選手におすすめできるラバーです。

ドライブをよく使用する選手は、厚や特厚を使用しています。阿部愛莉選手のようにミート打ち主体の選手は中を使用しています。

強いインパクトで前陣で戦う選手に向いているラバーであることが、使用する選手のプレースタイルを見るとわかります。

総合評価(まとめ)

評価が分かれるラバー

ファスタークG-1は、好みが分かれるというか、評価が分かれるラバーです。

ドライブは、打ち方次第でボールがスリップしてしまいますし、ぶつけるだけではあまり回転がかかりません。

また、かぶせて打つようなタイプの人はネットに引っ掛けてしまいます。

テンション系の中では弾まない部類になるので、ラケットを自分でしっかり振って飛ばすことが出来ない人の評価はどうしても低くなりがちです。

ミート打ちやブロックはしやすい

ファスタークシリーズの中では弧線を描いて飛んでいくタイプです。

弧線を描くので安定しやすく、ミート打ちやブロックも安定して相手コートに返っていきます。

まさに前陣向けのラバーと言えます。

コスパ最高!

テンション系ラバーの中では、比較的安価(¥5,000前後)で手に入り、また、寿命が長いです。

ファスタークG-1の性能を考えたら、この値段でしかも寿命が長いというのは、嬉しい限りです。

バタフライのテナジーが値上がりした時、ファスタークG-1に乗り換えた選手が多かったことからも、そのコスパの良さが伺えます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる