使いやすさ重視の粒高ラバー TSP Curl P-3

TSPの粒高ラバーのカールシリーズの中で、最も安定性があり扱いやすいと言われているのがP-3。

では実際に、何がどう扱いやすいのでしょうか。

私がいつも使っている粒高ラバーがP-3 OXなので、熱く語ってみたいと思います。

目次

カールP-3の概要

太く低めの粒形状で、安定性の高さも特徴の粒高。予想以上の変化に加え、ナックル性の攻撃にも威力を発揮。

粒高初心者や攻守を織り交ぜるタイプに最適。相手の回転を利用しやすく切れ味も良い一方で、扱いやすさも抜群。

https://www.victas.com/ja_jp/tsp/rubber/grainheight/curl/curlp-3soft

カールP-3の最大の特徴

カールシリーズの中では粒が太くて低く、安定性に優れています。

カールP-3を使用してみての評価とレビュー

ニッタクの剛力ラケットのバック面にP-3OXを貼って打っています。

攻撃

粒が太くて短いので、バックハンド(というかミート打ち)はたやすくできます。

表ソフトのようだと言われることもありますが、球質は表ソフトとは違い、板で打っているようなカーンという音とともにナックル系のボールが飛んでいきますので、相手にとっては取りづらいボールになります。

というか、表ソフトのような撃ち方が可能です。

ブロック

ドライブボールに対し、インパクト時にしっかり下に振り下ろして粒を倒せば、非常に切れた下回転のボールが飛んでいきます。

相手の球威をそのままに勢いのあるブロックから、当たる瞬間に後ろに引いて球威を殺してネット際に落とすブロックまで、緩急をつけることまで容易にできます。

プッシュ

ふわっとした揺れるプッシュから、相手コートの深いところに鋭く突き刺さるような早いプッシュまで、非常にコントロールしやすいです。

揺れるプッシュよりも、スピードのある鋭い攻撃的なプッシュがしやすいです。

カールP-3がおすすめな人、おすすめじゃない人

おすすめな人

攻守を織り交ぜたプレーをしたい前陣攻守型の人に適したラバーです。

プッシュやブロクだけでなく、粒高面でのミート打ちといった攻撃もある程度したい選手にとって、P-3は扱いやすいラバーです。

コントロール性能も良く、思ったところにボールが飛んでいってくれるので、粒高希望者が初めて使用する粒高ラバーとしても最適です。

おすすめじゃない人

粒高面でプッシュやブロックでひたすら粘り、あまり攻撃をしない人にとって、P-3は変化が物足りなく感じるのではないでしょうか。

P-3は変化を求める人にとっては物足りなく感じます。

カールP-3を使用している選手

すでに引退してしまっている選手ですが、カールP-3を使用していた選手です。

福岡春菜選手

カールP-3といえば、福岡春菜選手です。

日本リーグは中国電力に所属し、北京オリンピックに日本代表選手にも選ばれた選手です。

福岡選手はPF4という硬いラケットにスポンジのないカールP-3 OXをはり、さまざまな粒高プレーを見せてくれます。

スポンジありのソフトより扱いは難しい一枚ラバーなのに、粒の変化で相手を揺さぶるだけでなく、バックハンドドライブやバックハンドスマッシュを打っています。

日頃の練習の賜物です。

阿部恵選手

日本リーグのサンリツに所属していた選手で、全日本社会人選手権大会でシングルスでの優勝経験もある選手です。

阿部選手はヒノカーボン・パワーという特殊素材入りの飛ぶラケットを使用しているにも関わらず、スポンジ入りのP-3ソフトを使用しているにも関わらず、相手の球威を抑えてボールをネット際に落とすといった巧みな粒高技術を見せてくれます。

飛ぶラケットを使用して、ボールをネット際に落とすのって、けっこう難しいです。

バックハンドを振ってドライブやスマッシュも打ったりして、粒高の特性を生かした緩急織り交ぜたプレーは非常に参考になります。

総合評価(まとめ)

安定しているので初心者でも扱いやすいだけでなく、いろいろな粒高技術を卒なくできるので、高い技術を持つトップレベルの選手にも愛用される汎用性の高い粒高ラバーです。

粒高ラバーに挑戦してみたいという子がいたら、私はまず間違いなくカールP-3を候補に挙げます。

粒高の基本技術を身につけやすいだけでなく、初級者から上級者まで広く愛用されているラバーだからです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる