カールシリーズの中で変化最大のP-1R

TSPのカールシリーズの中で最も粒が高く細いP-1。

カールP-1はペン粒やカットマンの選手で使っている人を多く見かけます。シェーク裏粒攻守型でも、使っている人をしばしば見かけます。

変化を求めるカットマンやペン粒の中級者向けのラバーではないでしょうか。

目次

カールP-1の概要

  • スポンジ厚:中、薄、特薄、OX
  • 硬度: 硬度55±3
  • ラバースピード:5.00
  • 色:赤、黒

※VICTAS公式サイトで公開されている数字です。

カールP-1の特徴

ルールで定められた範囲で最も高く、細長い粒形状で、大きな変化幅を誇る最強の粒高ラバー。ブロックでは強烈な変化、カットではイレギュラーするほどの切れ味を実現。P-1Rは柔らかな粒であるため、粒高では難しいといわれる「切れたツッツキ」を繰り出すことが可能。

https://www.victas.com/ja_jp/tsp/rubber/grainheight/curl/curlp-1rsoft

カールP-1を使用してみての評価とレビュー

一度だけ、カールP-1 OXを使用したことがあります。

長いブランクから、再び卓球をやるようになって間もない頃だったこともあるかもしれません。その時は今よりも弾むラケットを使用していたこともあるかもしれません。

変化は大きいのかもしれませんが、全然安定しなくて、全然うまくコントロールできなくて…。すぐにP-3に戻してしまいました…。

でも、相手のスマッシュをP-1でブロックしたら、見事に揺れたボールがネット際に落ちて点が入った時は、ビビりました…。

その他カールP-1の他の評価レビュー

純粋な下回転は難しいけど、ラバーでするように打てば下回電ができますし、押すように打ち返せば、ナックルが飛んでいきます。相手に変化を読まれにくくていいですね。

とにかく回転がスゴイ!相手のドライブに対しプッシュすると、強烈な下回転のボールが返ります。ただし、その分コントロールが難しくなるので、慣れるまでが大変です。

粒が柔らかくヘンアだ出やすいので、カット性ショートがやりやすく、ブロックやプッシュもナックル系が出しやすいです。

ブロックがとてもやりやすいです。スピードは出ません。攻撃は全くできないことはないですが、僕は諦めました。粒でつなげて、次の攻撃につなげていくタイプの人にはオススメです。

スポンジが硬い。カットはよく切れるし、ナックルもしやすく変化がとても大きいラバー。

カールP-1のメリット2つ

価格が安い

カールP-1は販売店によって価格は違いますが、だいたい2,000~3,000円です。

粒高は、寿命が短いです。

いくら性能がよくても高価だと、頻繁にラバーを貼り替えることはできません。だからといって、貼り替えないと上達しませんし勝てません。

安いことは、大きな魅力です。

変化が大きい

変化幅が大きいことは、カットマンにとっては大きな魅力です。

粒が柔らかくて高くて細く、簡単に粒が倒れます。

したがって、相手の回転をそのままに返球することは容易いです。

カールP-1のデメリット2つ

ナックルに弱い

粒が倒れやすいので、ナックルに対して変化がつけにくく、返球しにくいです。

回転があれば、回転に合わせて粒を一定方向に倒すことは簡単なのですが、ナックルボールに対してはしっかりと粒を倒すように鋭くインパクトしないと浮いてしまいます。

攻撃しにくい

変化しやすいということは、安定しにくく、攻撃もしにくいです。

粒高面で攻撃することを考えている人には、P-3などの安定重視の粒高ラバーがおすすめです。

カールP-1を使用している選手

カールP-1ソフト

小塩遥菜選手

14歳で全中を制覇したカットマン、小塩遥菜選手はバック面にカールP-1ソフトを使用しています。

小塩選手は下回転やナックルのカットだけではなく、横回転のカットを繰り出す選手です。

下なのか横なのか、あるいはナックルなのか、対戦相手は小塩選手のカットの回転をなかなか読むことができなくて混乱します。

注目の次世代カットマンです。

ソ・ヒョウオン(徐考元)

韓国のカットマン、ソ・ヒョウオン選手もバック面にカールP-1を使用しています。

T-リーグのトップおとめピンポンズ名古屋と契約して、プレーしていたこともある選手です。

美しいと評判の、人気のあるカットマン選手ですよね。

カールP-1 OX

世界最強のペン粒おばちゃんの倪夏蓮選手がカールP-1 OXを使用しています。

カールP-1は変化は大きいですが、攻撃することは難しいラバーです。

そんなP-1 OXを使用して、スマッシュやドライブまで打ってしまうという高度な技術の持ち主です。

P-1でもこんな攻撃できるんだと、思わされる選手です。ここまで到達するには、相当練習しないと無理でしょうけど、P-1での攻撃を目指してみる価値はあると思います。

総合評価(まとめ)

攻撃がしにくいラバーなので、スポンジのあるソフトラバーから始めたほうがとっつきやすいかもしれません。

カットマンや粒高選手に使用する人が多いことからわかるように、変化幅を武器とする戦型に特におすすめするラバーです。

シェーク攻守型の場合は、攻撃よりも守備を重視する人にはP-3よりもP-1の方が良いかもしれません。

ただ、プラスチック球に変わった現在は、バックハンド攻撃ができないとなかなか勝ち上がることは難しくなっているため、P-1でもバックハンドを振れるように練習するか、またはラケットを反転させて裏ソフトラバーで攻撃できるようにすると良いかもしれません。

かつての私は全く使いこなせなかったラバーですが、今ならまた違う感想を持つ可能性が高そうなラバーの一つです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる