粒高や表ソフトラバー用の保護シートはあるのか

裏ソフトラバーを保護するために、粘着シートがあります。

粘着シートを貼ることで、空気中の水分や酸素との接触を防ぎ、ラバーの劣化速度を低減します。

しかし粒高や表ソフトラバーといった異質ラバー用の粘着シートはありません。

異質ラバーを使用する選手は、ラバーを保護するためにはどうすればよいのでしょうか?

目次

粘着保護シートを貼るのはやめましょう

裏ソフトラバーと同じように、粒高ラバーに粘着保護シートを貼れなくもないのですが、粒の表面が粘着ラバーのようになってしまうので、お勧めしません。

異質ラバーの特性が消えてしまいます。

基本的にはラバークリーナーとブラシで手入れ

基本的には、スプレータイプ(泡タイプではありません)とブラシで粒の間に入り込んだホコリなどの汚れと除去します。

たいていはこれで十分です。

保護シートをつけたいのなら袋タイプを

それでもやはり空気との接触を防ぎ、ラバーを長持ちさせたいと思うものです。

しかし、上述したとおり、粘着保護シートを直接貼ることはできません。

ラバーに直接貼り付ける粘着保護シートほどの効果はありませんが、アームストロング社から販売されている袋タイプの保護シートをお勧めします。

しかもペンラケット用とシェークラケット用の2種類が販売されています。

ラケットの形に合ったシート形状であれば、それだけ触れる可能性のある空気の量は少なくなります。

長持ちすること間違いなしです。

異質ラバーでも使用できる保護シートは、おそらくこれだけだと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる