粒高と表ソフトラバーの違い

粒高と表ソフトの違いは、粒高の定義で述べたとおりアスペクト比の違いにあります。

定義上の違いはわかったとして、球質にはどのような違いが生まれるのでしょうか。

目次

表と粒高の性質の違い

実際には表と呼ばれるものでも、スポンジが薄いものは粒高に近い変化をしますし、変化の少ない粒高でスポンジの厚いものは表ソフトと何ら変わらなかったりします。

定義上の線引きはありますが、実際の違いは粒の形とスポンジ厚でにより感触が変わってくることも多く、はっきりとした線引きはできないものだと思っています。

見た目はちょっとした粒の形状の違いに過ぎないのですが、それを用いたプレーにはかなり大きな違いがあります。

表ソフトラバーの特徴

回転量

裏ソフトラバーほどではありませんが、ある程度回転をかけることができます。

練習次第では、伊藤美誠選手のように、表なのに裏ソフト並み、いや、それ以上の回転をかけることだってできます。伊藤美誠選手のバックハンドドライブのあまりの回転量に、相手選手が空振ったり、オーバーミスをしたりする場面がよく見られます。

回転を殺してナックルを出すこともできます。

ミート打ち

球離れが早く、裏ソフトに比べて相手の回転の影響を受けにくいので、スマッシュ主戦型の選手が好んで使用しています。

ドライブがどうしても苦手で……。開き直ってフォア表にして、ミート打ちをガンガンするようにしたら、自分には合っていたらしく、勝てるようになったよ。

たとえ後ろ向きな理由で表にしたとしても、自分にあったスタイルならどんなスタイルでも伸びる…、と私は思っています。

粒高ラバーの特徴

回転量

基本的に、回転の影響を受けにくい半面、自ら回転をかけることができません。相手の回転をそのまま返すか、回転や威力を殺してナックル球を返すことしかできません。

ただし、粒高上級者は少ないながらも回転を与えて返すことができます。

ルクセンブルクの倪夏蓮選手は、粒高でドライブ回転を与えて返します。

ラケット交換時に粒か表か判別したい

粒の形状とスポンジの厚さを見ます。

変化系表でもスポンジのないOXを使用しているのであれば、表だけれども粒高ラバーだと考えても間違いありません。

中国の何卓佳選手の使用ラバーはフェイントソフトという粒高ラバーですが、使用するラバーにスポンジが入っており、そのプレーを見る限り表ソフトのような攻撃を仕掛けていることもあります。

定義上の違いはあっても,表と粒高の境界は非常に曖昧なものです。

粒の形状とスポンジの厚さを見て、攻撃重視なのか守備重視なのかを判断します。

どのラバーにも言えることですが、手っ取り早く知る方法は、メーカーのカタログを読んで、そのラバーの性質をよく理解しておくことです。

変化系表なのか粒なのか、どちらに分類されているものなのかを知っておくだけでも、心理的に全然違ってきます。

知らないラバーだったら、とりあえずラバーの端っこを指で倒してみて、ぐにゃりと簡単に倒れるようであれば粒高、倒れにくいようだったら表と考えておきます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる