粒高とはなにか‐その定義と特徴

粒高とは、表面がつぶつぶしたラバーで、読んで文字のごとく粒の高さが高いものを言います。粒高はイボ高とも呼ばれます。特に年配者にイボと呼ぶ人が多いです。

表ソフトラバーも表面がつぶつぶしていますが、粒高と呼ばれるラバーと表と呼ばれるラバーは一体何が違うのでしょうか?

表ラバーと粒高ラバーにはっきりとした定義の違いはあるのでしょうか。

目次

粒高とはなにか、粒高の定義

粒高に分類されるラバーは、まず粒の高さが表よりも高いです。そして粒の形状は円柱形のものが多いです。

表ラバーと呼ばれるラバーの粒の高さは通常1.0mmありますが、粒高と呼ばれるラバーの粒の高さは1.4~1.6mmあります。

卓球のルールとして、接着剤を含めたラバーの厚さが1枚ラバーの場合は2mm以内、スポンジを貼ったラバーの場合は4mm以内と決まっています。

ちなみに、表と粒高の中間的な性質を持つラバーは変化系表や半粒呼ばれ、代表的なものにアタック8があります。アタック8の粒の高さは1.2mmであり、定義上は粒高ではありません。

粒のアスペクト比

粒の高さを粒の直径で割ったものをアスペクト比といいます。このアスペクト比が0.9未満のものを表、0.9~1.1のものを粒高といいます。

アスペクト比が大きいものほど変化が大きくなります。

アスペクト比は国際基準で定められており、ラバーのカタログを見ると、変化が大きいといわれるラバーは粒高ラバーはこの国際基準ギリギリ、最大限のアスペクト比であることを謳っています。

変化よりも安定重視の粒高のアスペクト比は低いです。

粒高の特徴とは

粒高は裏ソフトラバーとは回転のかかり方が違うため、よくその性質を理解しておく必要があります。

それは粒高を使用する人も、粒高に勝ちたい人も同様です。

回転がそのまま返る?反対になる?

一般的な裏ソフトラバーでボールを返球する場合、上回転のボールに対しては上回転をかけ直して返球しています。

その様子を台の横から見ると、上回転のボールに対して逆回転の回転をかけ直して相手に返球しているわけです。

つまり、自分がかけたうえ回転のボールに対して、相手も上回転をかけて返すので、自分にとって上回転のボールが返ってくるわけです。

それが粒高で返す場合、上回転できたボールを上回転に掛け直して返すということが一般的にできません。

基本的に、回転を変化させることなく相手にそのまま返します。台の横から見ると、ボールの回転は何も変化していません。

つまり、粒高に対して打った球を自分の側から見ると、上回転で打ったボールがそのままの回転で返ってくるので、下回転で返ってくるわけです。

なお、粒高も中級者や上級者になると、粒高でも回転をかけ直して打ったりしてきます。

回転を殺してどナックルボールにして返すことだってあります。

回転量はそのままに向きを変えて返球することもあります。

回転をそのまま返すと言っても、回転量の変化や向きを変えてくるのが粒高のいやらしいところです(褒めてます)。

変化の大きい粒高ですが、粒高を使い始めた初級者は、回転を変化させることよりもまず、安定して返球するところから始めてください。

自ら回転をかけられない

粒高の最大の欠点です。

ナックル回転のボールは、回転をかけられないのでナックルで返すしかありません。しかもそのナックルを返すのが、裏ソフトでナックルを返すのに比べて苦手です。

粒高に慣れた選手はそのナックルボールを狙い撃ちしてきます。

回転を殺すことはできてもかけることはできないので、下手に返球するとナックルボールを返すことになります。

下手な粒高の選手は、返球がほぼナックルボールになることすらあります。

粒高上級者は、ナックルボールに対して回転をかけてくることがあります。裏ソフトほどの回転ではないく微回転ですが、ナックルだと思って打ち返そうとすると見事にミスします。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる